Twitterをビジネスに活用する

TwitterというSNSをビジネスに生かす方法について見ていきましょう。Twitterという140文字の制限があるSNSではどのようにビジネスに生かすことができるのでしょうか。

●Twitterを使う人の種類
Twitterを使う人はいくつか分類されます。一つ目は、ただ見るだけの人です。Twitterを見るためだけにアカウントを使っている人です。

そういう人は、自分のタイムラインをよく見て、Twitterを見ています。

次に分類されるのが、仲間内でTwitterをしている使い方です。仲間とツイートしあうことを目的に使っています。

次に分類されるのが、ビジネスに利用している人です。この分類の人は、自分のビジネスのために利用しているので、タイムラインは見ません。

他に分類されるのは普通にTwitterを使っている人です。

子の中では、見るだけの人や普通にTwitterを使っている人に向かってアクセスしていく必要があります。

●Twitter独自の文化
Twitterを検索してもらう工夫の一つとして、ハッシュタグを利用するというものがあります。ハッシュタグを利用すると、そのキーワードで検索されていきます。

しかしTwitterの場合には、独自の文化があります。ハッシュタグに、長文を使って、大喜利のように利用しているユーザーが沢山いるのです。

そのように長いハッシュタグは、検索に上がるというようりも、リツイートされやすくなるという効果があります。

●流行りのハッシュタグを調べる
流行りのハッシュタグを調べることで、効果的なハッシュタグを利用することができるようになります。

流行りのハッシュタグは、Twitterトップページの左下にトレンド情報として現れます。しかし、この情報だけでは、十分なハッシュタグを得ることができません。

そこで、サードパーティーの利用もおすすめです。例えば、ついっぷるトレンドなどがあります。Twitterのクライアントアプリ「ついっぷる」が提供しているものになります。

●リツイートしてもらうための工夫
リツイートをしてもらうための工夫はいくつかあります。その一つ目が、ニュースに関するツイートをするというものです。

80%近くのリツイートの内容がニュース、50%の内容がエンタテイメントに関する内容になっています。

ニュースに関するツイートをすることで、多くのリツイートが得られます。

他に大切なポイントとしては、商品の宣伝をしすぎないとういことです。そうではなく、見ている人の欲しがる情報や解決方法などをツイートしていくとリツイートされやすくなります。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です