手軽に少額投資できる上に取引時間帯が幅広い仮想通貨

株は、最も一般的な投資商品になります。サラリーマンの方々は、株でお金を動かしている事も多いです。ところで最近では、株でなく仮想通貨に注目している方も増えつつあります。手軽に少額投資できますし、時間帯が幅広いからです。

少額投資は手数料が高めな株

株という商品の場合、ある程度まとまったお金は求められる傾向はあります。CFD株などの先物商品でない限りは、やや大きなお金を準備しなければなりません。
どれぐらいの資金が求められるかは、取引のやり方次第です。銘柄によっては、100万円以上は必要な事もあります。
ただ、実は株でも少額取引する事自体は一応可能です。ミニ株という商品があるからです。その名称通り、あまり大きなお金で投資する訳ではありません。とりあえず株式投資を試してみるために、ミニ株を始めている方も多いです。
ただミニ株という商品の場合、手数料は少々高めになってしまう傾向があります。現物取引などと比べると、ややコストは高くなるのです。

株より手軽に少額取引できる仮想通貨

ところで仮想通貨の場合、手数料はそこまで高くありません。株と違って、比較的手軽に少額投資できるシステムになっています。
ただ、それも取引所次第です。取引所は、それぞれ最低枚数などの違いはありますから、よく比べてみる方が良いでしょう。それでも株ほど手数料は高めではありませんから、株よりは手軽に取引を始められるという声もあります。

取引できる時間帯や曜日のメリット

それと仮想通貨には、取引できる時間帯にもメリットがあります。株と比べると、かなり幅広い時間帯で取引できるからです。
そもそも株の場合は、株価が動いている時間帯は大きく限られます。基本的には午前中から15時ぐらいまでに限定されますから、夜間などに取引するのは少々困難です。
厳密に言えば、株でも夜間取引する事はできます。ただ成行の取引はできません。原則として指値で注文する事になり、注文方法が限定されてしまうのです。
ところが仮想通貨の場合、状況は大きく異なります。コインのレートは、動いている時間帯は非常に幅広いです。上述の昼間の時間帯だけでなく、たとえ深夜でも動き続けています。
しかも仮想通貨は、曜日も幅広いです。コインの場合は、たとえ土曜日や日曜日でも動き続けています。基本的には、常時稼動している訳です。しかし株の場合は、土曜日や日曜日に動くことはありません。金融会社は休業日ですし、土日には取引できません。
幅広い時間帯や曜日で取引できるだけに、仮想通貨の方が便利という声も多いです。